産業別用途例

放射温度計「ランド」HOME > 産業別用途例 > 鉱物(セメント、アスファルト)

鉱物(セメント、アスファルト)

セメント

セメント工業ではユニークな用途例として、キルンシェルに2本のサイティングチューブを挿入(2種類の挿入深さ:1つはキルンシェル中心付近まで、もう1 つはシェル内壁を少し越えた辺りまで)し、放射温度計で各サイティングチューブ先端(閉端内面)を視ることで、キルンシェルが1回転毎に材料温度とキルン内雰囲気温度が交互に測定できます。

セメント

1. キルンシェル表面
2. キルン内材料
3. バーニングゾーン
4. クリンカ

お問い合わせはこちら

アスファルト

アスファルト工業では、特にドライヤ出口とミキサー出口温度管理が代表的用途です。 これまでドライヤ出口の骨材温度測定に熱電対が使用されてきましたが、熱電対の保護管と骨材が接触することで熱電対の寿命が短いものでした。放射温度計では骨材に触れないため寿命の心配がありません。

アスファルト

1. ドライヤ出口 4. ドラムミキサ
2. バッチヒータ 5. ストレージビン
3. ミキサー出口 6. 舗装

お問い合わせはこちら

このページのTOPへ

製品一覧
産業別用途例

UKAS